悩みの浮草、自然が一掃 兵庫のダム、蛾の幼虫がエサに

0

    兵庫県川西市の一庫ダム水面を覆っていた大量の浮草が、
    突然姿を消したとの事です。
     
    蛾の幼虫が大量発生して、食い尽くしてしまったらしいの
    ですが、その幼虫も成虫になる前に魚のエサになったよう
    です。
     
    大量発生したのは、水生シダ植物の「アイオオアカウキクサ」
    で水田の肥料にしたり雑草が生えるのを抑えたりするために
    農業用に人の手を加えて品種改良された浮草だったのですが、
    自然界の法則に無い“人の手”が介在した自然に存在しない
    品種は、得てして人の想定を裏切った事象を発生させますが、
    今回の件は人が余計な手を加えた品種の浮き草を、自然の
    昆虫が自然界の法則通りに駆逐してくれたようです。
     
    浮草の処理に悩まされていたダム管理所の関係者らは、
    自然界の不思議に驚いている。との事ですが、日頃鬱陶しく
    思っている昆虫達に感謝して欲しいです。
     
    自然界に初めから存在している生物は、予め何らかの役割を
    持っているのですから。
     
    悩みの浮草、自然が一掃 兵庫のダム、蛾の幼虫がエサに
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121023-00000028-asahi-sci
     
    //////////////
    株式会社 脇田工務店
    http://www.wakitakoumuten.com/
     大阪市東淀川区淡路5-17-10
      ・TEL 06-6322-5505
      ・FAX 06-6321-5497
     
    営業時間8:00〜19:00
    定休日:日祝日と第2土曜日
    ////////////////


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    お薦め書籍

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM