台風の爪痕

0
     今回の台風は10年に1度ぐらいの大きさだった。との事で
    各地でも大きな被害を出しました。
     
    私の担当する屋上菜園でも例外では無く、一級建築士の設計
    では、かなりの強風に対しても問題無かった設計の防鳥柵の
    土台が強風のため、一部がかなりズレてしまっていました。
     
    写真のとおり、防鳥柵はある程度の風が吹き抜けるように
    なっており、抵抗を受け難くなっています。
    それにも関わらず、かなりの重量のコンクリート土台が
    10センチ程度も動いていました。
     

     
    屋上での緑化は建物への付加を軽減させるため、いかにして
    軽量化させるか?が重要なのですが、今年から試みた屋上水田
    などは、まともに鳥類の餌場となってしまいますので、防鳥柵
    は必須と言えます。
     
    「台風と重量と防鳥柵のバランス」これも今後の大きな課題と
    なってきそうです。
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    お薦め書籍

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM